返済遅延があると何でお金を借りる審査に不利になるの?

MENU

返済遅延があると何でお金を借りる審査に不利なの?

 

返済遅延があると新たにローンを組む際、審査に不利となるのはご存知でしょうか?

 

返済が送れていることを自分で言わない限り、新たな申込先であるカード会社には分からないんじゃないの?

 

そもそも何で返済遅延すると審査で不利になるの?

 

と、思う方は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は返済遅延と審査の関係性について解説していきたいと思います。

 

 

「返済遅延=信用出来ない」とみなされ審査に通らない

 

決められた日に返済するという事は、その金融業者と約束をするということです。
約束を守る人と守らない人がいたとして、そのどちらかにお金を貸すとなった時あなたならどっちにお金を貸しますか?
これは言うまでもなく約束を守る人でしょう。
約束を守るとはここで言う決められた期日通りにお金を返すことを指します。

 

「でも申し込みする人が約束を守る人間かどうかなんて分からないじゃない?」
そう思う人もいるでしょう。
これに関してはある情報を確認することである程度信用できる人間かどうかが分かってしまうのです。
それは信用情報です。
信用情報とはローンやクレジットカードの利用実績の事で、この信用情報を見ること申し込み者がどんな借入れをしてきたか、借入残高はいくらあるのか、支払い状況はどうなのか等などローンやクレジットカードに関するあらゆる情報を知ることが出来ます。
つまり申し込み者が言わなくても信用情報を見るだけで全て分かってしまい、その中には返済遅延の履歴があるかどうかも当然記録されているのです。

 

返済遅延があると審査が不利になるのは信用出来ないと言う理由だけではありません。
そもそも現時点で返済を遅延している人が何故新たに借入れを申し込んでるのか?と業者このような疑問をいだきます。
今借り入れしているローンですら返済できないわけだから新たに借りた場合のローンも返済できないはずです。
では何故、返済遅延しているにもかかわらず新たに借入れ申込をするのか?
それは現時点で返済遅延している借入れの返済に充てるためです。
要するに借金返済するために借金をするということです。
これは多重債務者になるパターンの典型例ともいえます。
この状態に一度なると中々抜け出せなくなります。
借金返済のために借金をして返済しても、今度は借金返済するために借金した分の返済が出来なくなります。
そうなればまた新たにどこからか借金をしなければいけなくなります。
多重債務者の多くは債務整理で借金を減らす若しくは自己破産して借金をチャラにしようとします。
そうなれば当然貸しつけた金融業者は大損となるわけですからたまったものではありません。
このようなリスクがあるため、返済遅延がある人には極力貸し付けないようにしているのです。
返済遅延があると必ず審査に通らないというわけではないですが、かなり警戒はされますのでその点は十分に理解しておきましょう。

 

返済遅延がある場合は必ず連絡を入れること

 

なにか特別な事情があって返済が遅れるという人も中にはいるかもしれません。
ですがどんな事情にせよ返済に遅れるということは金融業からの信頼を裏切る行為に変わりはありません。
どうしても返済期日に間に合わない場合は、早めにこちらから電話連絡を入れるようにしましょう。
これは大人としてのマナーです。
かと言って返済遅延がチャラになるわけではありませんし無論その分の遅延損害金は払わなければいけません。
ただ同じ返済遅延でもこちらから連絡を入れるだけでも相手が受ける印象は全く異なります。
返済遅延はいけないことですが、誠意をみせられて悪い気持ちになる人はいないはずです。
どんな事情にせよ返済に遅れる場合は必ずこちらからその旨を伝えるようにしましょう。

 


第1位 アコム


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須