教育ローンでお金を借りるメリットやデメリットはなに?

MENU

教育ローンでお金を借りるメリットやデメリットは?

子供の教育はお金がかかるもの。

 

将来のことを考えると教育は外せませんよね。

 

しかしそうは言っても教育費用は思っていたよりもかかり頭を抱える人が多いのではないでしょうか?

 

特に大学進学となると入学金だけでも数百万円かかることもザラにあり、一般家庭にとっては本当に痛い出費といえます。

 

奨学金という選択肢がありますが、卒業後、社会人になってから本人が返済していくこととなり、最近では奨学金の未納が問題となっているほどです。

 

そこで経済的に無理なく長期に渡って分割で返済していく教育ローンの利用を検討する人が増えています。

 

文字通り教育に関する費用を借り入れできるローンですが、奨学金と何が違うのでしょうか?

 

またどんなメリットが有りどんなデメリットが有るのかも気になるところです。

 

そこで今回は教育ローンについて解説していきたいと思います。

 

 

教育ローンとは?

 

教育ローンとは教育に関する費用に資金使途が限定されているローンのことです。
学費や受験料、下宿代、教育機関への就学や進学の際にかかる費用に使用することが出来ます。
資金使途が限定されている分金利は低く設定されています。
教育機関おは学校教育法にて定められている教育施設の内中学校以上を対象としており、通信制高校も対象となります。

 

教育ローンは扶養者である親が契約者となります。
他のローン同様に未成年者が契約することは出来ません。
学生ローンであれば本人が契約も可能ですが限度額が低い上に金利が高めですから選ぶ必要性はありません。

 

教育ローン奨学金と混同されがちですが両者には明確な違いがあります。
奨学金は親ではなく学生本人が契約することとなり返済義務も本人に生じます。
金利は教育ローンよりも低く、条件によっては無利息で借りることも可能です。
返済は卒業して仕事に就いてからとなりますんどえ在学中に返済の義務はありません。
これに対し教育ローンは返済義務が親にあり在学中も返済していくことになります。

 

教育ローンのメリットは?

 

では教育ローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

教育ローンのメリットはまとまった金額を、長期間、低金利で借りれることです。
教育ローンの上限額は扱う金融機関やプランによって異なりますがだいたい300万円〜500万円となります。
申し込みが完了し審査に通れば一括で銀行口座に振り込まれます。
まとまった金額を一度に借りれるのはかなりありがたいですよね。

 

返済期間は最長で10年と長期対応ですから月々の返済負担も少なく無理なく返済していくことが出来ます。
また殆どの教育ローンは元金返済据え置きが可能です。
これは在学期間中は利息のみの返済で良いというものです。
在学中は何かとお金がかかりますので期間中の返済が難しい場合の負担を軽減することが出来ます。

 

教育ローンは資金使途が教育関連費に限定されます。
その為、低金利でお金を借りる事が出来ます。
年2%〜5%前後程度の範囲内で適用されます。
一般的なローンに比べ遥かに安いですから少ない負担で教育費を借りることが出来ます。

 

教育ローンの利用条件と注意点

 

教育ローンは希望すれば誰でも借りれるわけではありません。
利用条件の1つに安定かつ継続的な収入があることです。
これ加えて金額に条件を付している金融機関も多いです。
その場合は200万円を下限としているところが殆どです。

 

元金返済据え置きは在学中の元金返済を無くし利息のみ払っていくというもの。
しかしこの元金据置返済をすると学校を卒業して元金据え置き期間が終了すると、利息に加え元金を返済していくこととなります。
結果として返済額が高くなり負担が一気に大きくなります。
ですから元金据え置きを利用する場合は、繰り上げ返済を積極的にするのが良いです。


第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須