金が足りないときの解決方法!状況別に調べました。

MENU

金が足りないとき!状況別の解決方法!

第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

お金が足りないという状況は様々です。

 

例えば、「給料日までの生活費のためのお金が足りない」「子供の教育費がお金が足りないから払えない」「結婚式を挙げたいけど費用が高い」「開業したいけどお金が足りないので資金を捻出できない」などなど。

 

 

このようにお金が足りない時どうすればよいのでしょうか?

 

お金が足りないときに「お金を用立てする方法」はいくつかあります。

 

ここでは状況別のお金が足りない時の対処法をまとめてみましたので是非とも参考にしてみてください。

 

 

【このページの目次】

 

生活するお金が足りない場合

第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

「生活費の金が足りない」という方は、物を売って現金に換えたり、金融機関のカードローンで現金を借りると良いです。

 

カードローンは借金癖がついてしまう危険性がありますので、できれば「一時的にお金が足りない」といった場合の「緊急性の高い時にのみ使用」するのが良いです。

 

 

毎月のように生活費の金が足りないのであれば、まずは根本的な問題解決が必要となります。

 

要するに無駄な出費が多いわけですから、まずは一度家計の見直しをしましょう。

 

 

光熱費や食費を無理のない範囲で良いので節約するようにし金が足りないとなる前に出来るだけ出費を抑えることです。

 

 

 

「今月だけお金が足りない」という場合は、「ものを売る」か「カードローンで凌ぐか」が良いでしょう。

 

リサイクルショップはその日に現金を手にすることが出来ますので、お金が足りない状態で急いでいる時にも良いです。

 

 

ただし、まとまった資金を手にするのは難しく、よほど価値のあるものでないかぎりは高値で買い取ってもらうのは難しいです。

 

緊急にお金が足りない場合は、大金を作ることは厳しいかもしれません。

 

 

 

カードローンは審査に通ればお金を手にすることができますから、確実性を考えるとカードローンのほうが良さそうです。

 

借入限度額は最低でも「10万円〜」ですから、給料日までの生活費で金が足りない分を賄うのには、十分と言えるでしょう。

 

「家賃が払えなくてお金が足りない」という場合でも、十分に間に合うでしょう。

 

 

即日融資OKのカードローンなら、申し込んだその日にお金を手にすることも可能です。

 

ですから、金が足りないと急いでいる方にもオススメの金欠対策です。

 

 

もちろん、カードローンなら金が足りない時に必ず借り入れできるわけではなく、きちんと条件をクリアしなければいけませんの気をつけてください。

 

大手消費者金融なら「口座振り込み」と「カード発行」のどちらにも即日融資対応しています。

 

 

その為、お金が足りないその日に、すぐ即日でお金を借りれる可能性が非常に高いです。

 

土日祝日にお金が足りない時でも、即日キャッシングできるのもポイントが高いといえるでしょう。

 

金が足りない時には助かりますね。

 

参照ページ⇒土日祝にお金が足りない時、即日で借りるには?

 

 

カードローンでお金を借りるための審査基準は、パート・アルバイトでも安定収入があれば借りれますので、ハードルはそこまで高くありません。

 

ただし、「過去にローンやクレカの支払いを延滞したことがある」などの金融事故があると、審査通過は難しいので気をつけてください。

 

参照ページ⇒返済遅延があると何でお金を借りる審査に不利なの?

 

 

第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

入学金(奨学金)が足りないとき

 

高校や大学に入学するにもお金が必要となります。

 

中でも「入学金」は、まとまった金額を一括で支払いしなければいけません。

 

ですので、「お金が足りないから支払いが厳しい」という方も少なくありません。

 

 

推薦入試やAO入試の場合は、一般入試よりも合格発表が早いので、金が足りないとならないよう資金準備に注意が必要です。

 

 

合格発表は10月〜12月頃で、入学金は合格発表から2週間以内に支払いしないといけません。

 

推薦入試やAO入試の場合は金が足りない状態にならないように、秋ごろまでには入学金を準備しておく必要があります。

 

 

私立大学の場合は国公立の大学よりも合格発表が早く、大体2月頃までには発表されます。

 

なので、それまでに入学金を用意しておかなければいけません。

 

出費が多い季節なので、金が足りない状態になりやすいです。

 

 

学費を「奨学金」を使って工面しようと考える方は多いですが、奨学金は授業料に充てることはできても、金が足りないといって入学金に充てることはほぼ不可能です。

 

なぜなら奨学金は「入学後に受け取る」からです。

 

金が足りない分を補うことはできないということですね。

 

 

ですから、奨学金で学費を工面しようと考えている場合は、奨学金とは別に入学金の資金を工面しなければいけません。

 

ただ、お金が足りない場合、入学前に受け取れる奨学金もあり、例えば「JT国内大学奨学金」や「読売育英奨学生制度」などは、これに該当します。

 

 

「JT国内大学奨学金」は、受験費用としての「一時金を大学の合否にかかわらず30万円、更に合格後に30万円支給」されます。

 

しかも、給付ですから返済の義務はありません。

 

金が足りない時には本当にありがたいです。

 

 

ただし、「指定の高校に通い、指定の国公立大学を目指す場合にのみ」に応募可能という条件があります。

 

「金が足りない」という理由だけでは、JT国内大学奨学金は使えません。

 

 

「読売育英奨学生制度」は、「入学金を含む学費を全額立替えてくれる制度」です。

 

朝夕の新聞配達や集金などの業務を行うことで、金が足りない家庭などの学費を立替えてくれます。

 

「毎月給与」と「年2回賞与」が奨学金とは別に給付され、さらに部屋代を無料で提供してくれます。

 

 

大学によっては金が足りない人のために、「入学金を免除する制度」を取り入れているところがあります。

 

例えば、親が死亡したり、災難に遭い支払いが難しい状況である場合は、入学手続き時に「入学金の全額もしくは半額」が免除されるという制度があります。

 

経済的に困窮して金が足りないが「成績が優秀な場合」は、入学金の免除とはいかないまでも、一定期間の猶予を与えてもらうことが出来ます。

 

 

上記で紹介した制度を利用できない場合は、金融機関の「教育ローン」で金が足りない分を借りるのを検討しましょう。

 

奨学金は学生本人が返済しますが、教育ローンは親が返済義務者となり、在学中から返済が始まります。

 

目的ローンのため「低金利」で金が足りない分を借りる事が出来ます。

 

教育ローンのメリットやデメリットについてはコチラ

 

 

特に「国の教育ローン」は非常に金利が安いので、金が足りない時はまずは国から融資をうけることを考えると良いでしょう。

 

国の教育ローンは「年1.90%の固定金利」で、民間の金融機関の教育ローンよりも圧倒的に安いです。

 

 

国の教育ローンは、申し込みから融資まで1ヶ月近くかかるので、金が足りないようだったら申し込みはできるだけ早めにしておくことです。

 

 

教育ローンは大体は「キャンセルがOK」ですから、金が足りないと心配な場合は、国だけでなく民間の教育ローンも申し込んでおくと良いです。

 

両者の審査基準は異なりますので、国の教育ローンに落ちても民間の教育ローンで通る場合もあります。

 

 

結婚式費用や結納金の金が足りない時は?

 

結婚式を挙げる上で心配となるのが「結婚式の費用の問題」です。

 

金が足りないと大変です。

 

 

一生に一度ということもあり、「実際にどれ位の費用がかかるのかが分からない」という方が殆どです。

 

「ぐるなびウエディング」の調べによれば、結婚式の費用総額は全国平均で約250万円。

 

 

これを「高いと取るか」「少ないと取るか」は人それぞれですが、金が足りないカップルも多く、決して楽な金額ではないでしょう。

 

以前に比べると低予算化して入るものの、結婚式にかかる費用はやはり高額です。

 

 

結婚式の費用相場は「どんなウェディングスタイルにするか?」でも変わってきます。

 

金が足りないのならウェディングスタイルを変更しましょう。

 

 

 

金が足りない場合に変更可能なのは、例えば「ゲストハウスウエディング」であれば予算は高額になりますし、逆に「少人数のウエディング」や「挙式のみウエディング」なら予算を抑えることが出来ます。

 

会場によってもブライダル費用は異なってきます。

 

 

設備やサービス、規模、1日の組数などで生じる費用は違います。

 

ホテルですと、何人ものスタッフによる「きめ細かなおもてなし」をしてくれるため、サービス料が高めです。

 

金が足りない場合は厳しいですね。

 

 

招待するゲストの人数によっても結婚式費用は異なり、人数が多くなればそれだけ費用はかかります。

 

ですがその分、貰えるご祝儀も多くなるので、金が足りないとなるとは言い切れません。

 

 

また、結婚式の費用の相場は「地域」によっても差があります。

 

北海道は「会費制」を主としていることから相場は低く、東日本は費用が高く、西日本は費用が低い傾向にあります。

 

 

日取りによっても相場費用は異なり、結婚式にピッタリの季節である「春と秋」は、人気が集まり相場も高めです。

 

なので、金が足りない場合は避けた方がよいでしょう。

 

 

また、休みが取りやすい「ゴールデンウィーク」や「シルバーウィーク」も費用は高くなり、金が足りない人向けではない傾向にあります。

 

結婚が決まったからといっても、費用で心配するのは結婚式式代だけではありません。

 

 

結婚式の費用の支払いは、一般的には前払いとなり、式の1週間ぐらい前に払うケースが殆どです。

 

貯金で賄ったり、仮に金が足りない時は、親から援助してもらうというカップルも多いです。

 

 

しかしその一方で「自分たちでは結婚式の費用を賄うのが難しい」というカップルも多く、そのような金が足りないカップルの場合は、ブライダルローンを利用しているようです。

 

ブライダルローンの詳細はココ

 

 

 

正式に婚約を調える儀式である「結納」ですが、ここでもやはり気になるのは「結納金」に関すること。

 

「嫁ぐ際の支度金」という意味合いが強いですが、決まった金額というのは実はありません。

 

 

金が足りないなら無理をしてもしょうがありません。

 

ですから、「余計にいくら用意すればよいのか分からない、金が足りない」と悩んでしまうところです。

 

 

一般的な金額としては「100万円が半数以上」と多く、その次に「50万円〜100万円、150万円以上」という傾向になっているようです。

 

100万円のように切りの良い金額、もしくは50万円のように奇数にするのかが一般的です。

 

 

また、お見合い結婚か恋愛結婚か、親戚関係や両者の地域差でも金額は異なり、金が足りないとなる場合もあります。

 

ただ、結納とは本来お金を送るものではなく、お酒や肴、着物を贈っていました。

 

 

ですから、「結納=結納金を贈る」わけではないので、必ずしも金が足りない場合も結納金を包む必要はありません。

 

 

開業の資本金が足りないのであれば...

 

新しい事業の開業資金や法人化費用など、ビジネスに必要なお金が足りない場合は「ビジネスローン」がおすすめです。

 

カードローンでも10万円〜20万円程度なら借りれますので、法人化費用の金が足りないぐらいなら賄うことも可能です。

 

 

ただし、一般のカードローンは事業性資金には使用できませんので、金が足りない場合もきちんと事業性資金の使用も認められているカードローンを利用するようにしましょう。

 

 

通常のビジネスローンですと経営年数が重要視されますので、金が足りない時に開業資金として借り入れするのはかなり難しいです。

 

経営実績のある企業でないと倒産の可能性もあるため、金融機関としてもきちんと実績のある企業に貸付したいと考えています。

 

ですから、一般のビジネスローンで開業資金の金が足りない分を借りるのではなく、開業資金専用のビジネスローンを利用しましょう。

 

 

金が足りない時の開業資金・創業資金用のビジネスローンはいくつかあり、きちんと開業資金として審査してくれますので、金が足りない場合も利用できる可能性が高いです。

 

開業資金の借入は、「業歴が短くて金が足りない時にも融資可能」といったように、きちんと明記してくれているローン会社を選ぶようにしましょう。

 

 

ただし、「金が足りない時に開業資金に使用できるビジネスローン」というのは、正直、そこまで多くないということを頭に入れておいてください。

 

また、「事業計画書を提出できれば、業歴に関係なく融資可能」としていても、担保や保証人を求められるケースが多いので注意しましょう。

 

 

「開業資金としても利用可能」としているローン会社では、審査の際に「事業計画書」「や収支計画」の提出を求めてくることが多いです。

 

開業直後は売上や履歴の数字が出ていませんので、数字だけでの判断ができません。

 

 

そのため、事業内容を審査し、同業他社と比較したり、地域性や将来性で客観的に判断し、融資するかどうかを決めます。

 

ビジネスローンの審査基準についてはコチラ

 


第1位 アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須